身近な世界的料理

今、日本にはいろいろな国の料理のお店が各地に出ています。その中でも、身近な外国の料理のひとつに、中華料理がありますね。皆さんは中華料理と聞くと、どんな料理を思い浮かべるでしょうか。餃子、麻婆豆腐、八宝菜、ラーメンもかなと思い出す人もいるかと思います。海外に滞在したことのある人は、口をそろえて「日本料理店がないところでも、中華料理店はあった」と言います。中国人が海外に移住しているのは、中国が経済大国とよばれる現在に限ったことではありませんが、料理も人間以上に出回っているとも言えるでしょうね。

所変われば中華変わる?

さて、そんな中華料理ですが、海外にあって本場にない料理もあれば、逆に本場にあって海外にはない料理もあります。ある、ないというよりはむしろ、形を変えたものがあるというのが正しいかもしれません。しかも、あれだけ多い人口と広い国土です。中国の中華料理と一言で片付けるのは難しいかもしれません。実際、土地の名前をつけて何々料理とよぶのは、よく知られているところです。実際、それらの何々料理はどういう分布分けをされていて、地元の人たちの食べ物はどうなっていて、また同じ中国でも、よそからきた人はどう見ているのでしょうか。それではここで、身近な中華料理という先入観をいったん外して、中国の地方料理という見方で、中華料理という大きなものを見てみましょう。